占いをする前に風水や四柱推命などを知ろう

自分自身に知識をつけて、もっと効率よく悩みを解決しよう

きっかけ

uranai

占いが生まれたきっかけは、人間が集団で生活するようになった事だと言われています。
集団のまとめ役として神ができ、その神の言葉が掟や規律として定められた事が今の占いの根源となっています。

日本で占いと言えば、邪馬台国の女王卑弥呼が有名です。
その当時にあった占いは、現在のような曖昧な物では無く、非常に信憑性のある物と思われていました。
ですから、占いによって政治や国の重要な問題を決定していたのです。
当時占いによって出た結果は、偶然では無く神の言葉として受け止められていました。

古代日本

日本に占いを持ってきたのは、中国です。
この時の事は、魏志倭人伝に記されています。当時の日本は弥生時代で、伝来した占いは太占と呼ばれる物です。
当時に伝わってきた占術は、風水や四柱推命と言った何らかの法則に基づいている物ではありません。
太占のやり方は動物の骨を焼き、それを割る事で行われていました。
卑弥呼も、この太占で政治の事を決めていたと記されています。

現代

senjyutu

現代にある占術は、大きく分けて命・卜・相の3種類に分類されています。
占術者は占いの内容によってこの3種類の占いを使い分け、明確な答えが出るようにします。

命に分類される占いは四柱推命や星座占い、ホロスコープなどがそれにあたります。
これは人の宿命や運命を視る物で、人間が生まれた時点で持っている情報を頼りに行います。
ですから、参考とするのは主に誕生日やその時間、生まれた場所や状況です。
それに本人の性質や傾向をプラスする事で、より詳細な答えを導き出します。

次に卜にあたるのはタロット、水晶、ダウジング、あみだくじです。
これは人間同士が関わり合う事で生まれる事や、何らかの選択を迫られている場合に利用されます。

最後に、相にあたる占術は姓名判断、手相、風水になります。
これは外見的な特徴や人相、その人の姿形を利用して占術行います。
資格心理学や音声心理学と関係していると言われています。